卒業生の皆様へ

各種書類

卒業証

本人が確認できる証明書を持参してください。事務室窓口の執務時間は平日8:30~16:55です。
 

郵送を希望される場合

卒業証明書の郵送を希望される場合は、交付願い(上記からダウンロードできます)に日付から理由までを記入し、84円切手を貼って住所氏名を記入した返信用封筒と本人確認ができる公的証明書の写しを添えて当校事務室に送っていただければ、到着後速やかに発行・郵送いたします。

卒業証明書交付願い

調査書・成績証明書・単位習得証明書

発行するまでに時間がかかりますので、事前に電話連絡をして下さい。
来校時には本人が確認できる証明書と印鑑を持参して下さい。

同窓会

会則

第 1条本会は、愛知県立尾北高等学校同窓会と称し、事務所を同校内に置く。 第 2条本会は、会員相互の親睦をはかり、教養を高め、社会文化の向上・発展に貢献することを目的とする。 第 3条本会は、愛知県丹羽高等女学校、及び愛知県古知野高等実践女学校、及び愛知県立尾北高等学校、ならびに旧併設中学校の卒業者をもって正会員となし、母校現職員及び旧職員をもって客員とする。 第 4条 本会の目的を達成するため、下記の事業を行う。
1.総会は4年毎に行う。中間年度の決算報告は役員会の承認を得る。 1.役員会は毎年1回行い、決算報告の承認を行う。(臨時に開催する場合もある。) 1.講習会、講演会、及びその他の事業。 第 5条 本会に下記の役員を置く。

会  長1名会員より
副 会 長5名以内会員より
書  記3名会員より
監  査2名会員より
顧  問若干名客員及び会員より(校長及び本会に功労のあった人)
常任幹事若干名会員より
幹  事若干名同期今月より
参  与その時の教頭、事務長
相 談 役若干名会員より

第 6条 役員の選出方法
1.会長、副会長、書記、会計、監査の選出は役員選考委員会を設け、同委員会の推薦もしくは互選により内定し、総会において決定する。 1.顧問、参与、相談役及び常任幹事は会長の推挙。 1.幹事は各同期会において推薦決定をする。 第 7条役員の任期は2か年として、重任を妨げない。 第 8条役員の任務を下記の如くとする。

会  長本会を代表し、会務を統べる。
副 会 長会長を補佐し、会長事故ある時は会長の任務を代行する。
書  記本会の事務を処理し、記録する。
会  計本会の会計事務を掌る。
監  査本会の会計事務を監査する。
顧  問本会を補佐する。
常任幹事本会の企画遂行に参加する。
参  与学校側の同窓会への協力に関する事柄について相談にあずかる。
相 談 役執行部だけでは決めかねることについて相談にあずかる。

第 9条本会の経費は、会費、寄付金、その他をもって当てる。 第10条正会員の会費は、終身会費5,000円とする。 第11条会員は、住所変更、結婚、入学、卒業、就職等、自己の身上に変動があつた場合、本会にこれを通知しなければならない。 第12条母校職員の転任、退職の際は、別に定めるところの内規により記念品を贈る。 第13条本会則の修正は、総会において、出席者の3分の2以上の賛成を得なければ修正することが出来ない。 第14条本会は将来の発展を期するために、同窓会基金を設け、毎年これを積み立てるものとする。 (昭和33年 4月29日 総会で修正可決)

(昭和35年 4月29日 総会で修正可決)
(昭和42年 5月 7日 総会で修正可決)
(昭和43年 4月28日 総会で修正可決)
(昭和48年 5月13日 総会で修正可決)
(昭和51年 5月16日 総会で修正可決)
(昭和56年 4月26日 総会で修正可決)
(昭和58年 5月22日 総会で修正可決)
(平成 4年 6月26日 総会で修正可決)
(平成 5年 6月27日 総会で修正可決)
(平成11年 6月20日 総会で修正可決)